海外ドラマ英語勉強法

【体験談】海外ドラマでTOEIC900点超え!失敗談と学習のポイントを紹介!

「TOEICの勉強に海外ドラマって意味あるの?」

「初心者にもおすすめの海外ドラマって何?」

上記のような疑問を抱えていませんか?

TOEICのリスニング対策として海外ドラマを利用したいという人は少なくないのではないでしょうか。楽しみながらリスニングの勉強ができたら最高ですよね。

ただ、リスニング力に自信がないと海外ドラマを視聴しても効果はないのでは?不安になるかもしれません。たしかに英語の基礎はある程度必要だとは思います。

しかし、自分の場合、TOEIC600点台から海外ドラマを英語の勉強用に使い、そのおかげでTOEIC900点を超えることができました。上級者でなくても海外ドラマは英語で楽しめますし、勉強にも使えます。

本記事では、海外ドラマを使ってのTOEICの勉強について自分の体験を踏まえて詳しく説明していきます。

そもそも海外ドラマでTOEICの勉強って意味あるの?


そもそも海外ドラマでTOEICの勉強って意味あるのか疑問のある人も多いと思います。

自分の失敗談も踏まえて意味のない学習法などについて紹介していきます。

試験内容には直結しない

海外ドラマ自体はTOEICのの試験内容とはリンクせず、点数に直結するとは言えません。

実際、海外ドラマでは試験に出ないような日常英会話の表現がたくさん出てきます。

TOEICを受験する上で文法や単語の基礎があまりないという人は、TOEICの点数がある程度上がってから見たほうが無難です。英語力があまりにないと、つまづくポイントが多すぎて効率が悪いと思います。

具体的には、TOEIC600点くらいはあったほうがよいでしょう。

リスニング力はアップする

海外ドラマを繰り返し聞くことで、TOEICのリスニングに対応できるようになります。

実際のところ、海外ドラマでの会話スピードはTOEICのリスニングよりも早いです。

海外ドラマでの会話を聞けるようになれば自然とTOEICのリスニングも聞こえるようになります。

英語を英語のまま理解できるようになる

海外ドラマを何回も視聴していくことで、見聞きした英語をいちいち日本語に訳さず、英語のまま理解ができるようになっていきます。

これにより、TOEICの問題を解いている時も日本語へ訳すという処理がなくなり、問題を解くスピードが早くなるというメリットがあります。

リスニングはもちろんのこと、リーディングにおいてもいい影響を与えてくれるでしょう。

【体験談】海外ドラマでTOEIC600点台から900点を超えた話


本章では、海外ドラマでTOEICの点数を上がった体験談を紹介していきます。

【失敗談】最初は全然効果がなかった

最初は海外ドラマをただ視聴しているだけで、TOEICの点数も大きな変化はありませんでした(ちょっとはリスニングの点数は上がりました)。

何となくわかった気分となってしまったのがいけなかったのだと思います。

また、海外ドラマが単純に面白く、英語の勉強がそっちのけとなってしたのも駄目でした。

「ただ見るだけ」を改善

失敗を踏まえて、海外ドラマをただ見るだけの状態を改善していきました。

詳しくは次章にて説明しますが、発音を基礎から勉強し直し、わからない、聞き取りにくいセリフをメモしていき、1つ1つつぶしていくことを意識して勉強しました。

その後シャドーイングの練習も取り入れていき、ローマ字読みの癖をなくしていきます。

そうしたことをコツコツと行っていき、TOEIC600点台から900点台へとのせることに成功します。

聞き取れないセリフは放置せずに、なぜ聞き取れないのか考えて、聞こえるように発音の仕組みを勉強したり、シャドーイングの練習をしたりするようにすることが大事です。

海外ドラマで英語学習をする上でのポイント


本章では、海外ドラマで英語学習の効果を上げるために大事なポイントについて説明していきます。

視聴前に発音は勉強しておく

いきなり海外ドラマを視聴しても聞き取れない部分が多い場合、発音の勉強をしたほうがいいです。

ネイティブの英語は、日本語の延長でローマ字読みしても同じ発音にはならず、母音・子音の発音や音声変化のルール(脱落)、リズム・イントネーションなどを知らないとうまく聞き取れません。

例えば、音声変化で言うと、「must be」は普通に読むと「マスト ビー」ですが、ネイティブ英語だと「マス ビー」となり、「t」の部分がしっかり発音されないことが多いです。

英語資格や受験英語ではあまりしっかり習わない部分ですから、発音の勉強をしたことがないという人は、発音に関する本を読んでおくことをおすすめします。

字幕やスクリプトを読み込む

海外ドラマをいきなり字幕なしで視聴するのは挫折する可能性が高いです。英会話によっぽど慣れていない人以外は字幕ありで視聴しましょう。

海外ドラマを何となく視聴しているだけでは、英会話の表現のストックはたまっていきません。いいなと思った表現は、面倒でもメモしていくのが復習しやすくておすすめです。

セリフで話されている内容を把握して、1つ1つの表現やフレーズがどんなシチュエーションで使われるのか覚えていきます。

そうすることで、実際に英会話する時に表現の幅が広がりますし、アウトプットもしやすくなって、英語力向上の好循環が生まれてきます。

シャドーイングの練習をする

海外ドラマを使ってシャドーイングの練習も取り入れていくと、ネイティブの英語の発音を正確に聞き取れるようになっていきます。

100%の聞き取りは難しいですが、最初は30%~40%程度しか聞き取れなかったところ、シャドーイングも取り入れることで80%程度まで聞き取れるようになりました。

シャドーイングのメリットは、自分が発音できない部分が明確になるという点です。自分で発音できない部分はリスニングでも聞き取れない可能性が高いからです。

シャドーイングを通して、聞き取れない部分を1つ1つつぶしていくことが大事です。

海外ドラマの選び方


英語学習に使う海外ドラマは好きな作品という理由だけで選ぶと失敗する可能性があります。

本章では、初心者向けに英語学習に適した海外ドラマ作品の選び方を説明していきます。

1話の時間が短い

海外ドラマの1話の時間が短いと、学習の負担が減り、英語学習を継続しやすいです。

英語力を上げるには毎日学習することが重要で、特にリスニングに関してはちょっと間が空いてしまうと学習効果が落ちやすいです。

1日わずかな時間でもいいので、海外ドラマを視聴し、ネイティブの英語を聞くという習慣が大事になってきます。

1話が短いほうが日々の学習時間を作りやすく、集中力も持続しやすいのでおすすめです。

会話シーンが多い

会話シーンが多い海外ドラマのほうが日常英会話の表現をたくさん学べて、リスニングの勉強もしやすいのでおすすめです。

アクションシーンなどが多いと会話自体がないことが多いですし、あっても非日常的な表現であったり、早口だったりして、あまり勉強になりません。

また、会話シーンを見るために早送りをするといったことも必要なくなります。

効率的に学習するなら会話シーンが多めの海外ドラマを選びましょう。

専門用語が少ない

初心者のうちは専門用語があまり出てこない海外ドラマで勉強するのがおすすめです。

専門用語が多いと調べたり、理解したりするのに時間がかかってしまいます。最悪の場合、めんどくさくなってドラマの視聴自体を止めてしまうかもしれません。

最初は専門用語があまり出てこず、日常生活が舞台の海外ドラマを選ぶのが無難です。

ジャンルとしてはコメディドラマが日常生活のシーンが多くておすすめです。

飽きずに何回も視聴できる

英語学習の効果を上げるには反復練習が大事なので、視聴する海外ドラマが何回も見れるほど飽きない作品なのかという点が重要です。

数回視聴した程度では表現は覚えれませんし、正確な発音も身に付いていきません。

自分の場合は同じ話を10回以上は見たと思います。

海外ドラマで学ぶメリットがそもそも楽しく勉強できるという点にあるわけですから、飽きないほど面白いのかどうかは必ず検討するようにしましょう。

ジャンルとしてはコメディがおすすめ

結局どの作品、ジャンルがいいの?と思った方もいるかもしれません。個人的には、コメディ系海外ドラマが英語学習しやすいポイントをほぼクリアしていておすすめです。

特に作品やジャンルにこだわりがないという人はコメディ系ドラマで視聴していきましょう。

おすすめ海外ドラマを次章にて詳しく説明していくのでぜひ併せてご覧ください。

【初心者向け】おすすめ海外ドラマ

本章では、初心者向けで英語が聞き取りやすいおすすめ海外ドラマを厳選して紹介していきます。

フレンズ

フレンズは、マンハッタンを舞台とし、6人の男女の日常を描いたコメディ系海外ドラマです。

1話は20分程度で短く、子役も出演することから話される英語も簡単で、発音がクリアです。

どの海外ドラマで英語学習するか悩んでいるならまず検討してほしい作品の1つです。

box06 title=”あわせて読みたい”]フレンズは英語学習に最適!勉強法や注意点を徹底解説!
[/box06]

フルハウス

フルハウスは、妻を亡くした主人公が、男友達とともに子育てをしていくコメディ系海外ドラマです。

1話25分ほどで比較的短く、フレンズ同様に子役も出演しているので、英会話の内容や発音は簡単です。

フレンズと合わせて初心者にはおすすめの作品となってます。

ビッグバンセオリー

ビッグバンセオリーは、オタクな物理学者たちと女性たちとの恋愛模様を描いたコメディ系海外ドラマです。

1話は22分ほどで短く、オタクたちの奇想天外な言動がツボにはまり、何回見ても飽きません。

2019年まで放送されていたこともあり、フレンズやフルハウスなどよりは、かなり新しめの作品となってます。

ママと恋に落ちるまで

「ママと恋に落ちるまで(How I Met Your Mother)」は、主人公が自分の子供たちに妻との馴れ初めを語っていくというコメディ系海外ドラマです。

1話は22分ほどで短く、日常生活を中心に描いているため参考になる表現がたくさんあります。

SUITS(スーツ)

SUITS(スーツ)は、マンハッタンにある法律事務所を舞台としたリーガルドラマです。日常英会話だけでなく、ビジネス英語も学べます。

法律の専門用語も随所に出てくるので、初心者にはやや難易度が高いのですが、ビジネス系の海外ドラマとしてはかなり人気で、英語学習用としても定評があるため、紹介させていただきました。

まとめ

今回は海外ドラマを利用してのTOEIC学習法について紹介させていただきました。
海外ドラマはTOEIC高得点でないと視聴が難しい、意味ないとも言われがちですが、そんなことはなく、初中級者でも学習効果がある教材です。

ただし、単に海外ドラマを視聴するだけでは英語力、リスニング力は上がっていきません。

発音や表現・フレーズを1つ1つ丁寧に、地道につぶしていくことが大事です。

海外ドラマでのTOEIC学習に興味のある方はぜひ今回紹介したおすすめ作品をチェックしてみましょう。

※本記事では海外ドラマで英語学習する上でのおすすめ作品や勉強法を紹介していますので他の記事もぜひ併せてご覧ください。