海外ドラマ作品

フレンズは英語学習に最適!勉強法や注意点を徹底解説!

海外ドラマで英語学習をしたいというのなら「フレンズ」がおすすめです。

フレンズは英会話初級者にも比較的取り組みやすいです。

内容も面白く気軽に見れますから学習を継続しやすいと思います。

私も海外ドラマに関してはフレンズから見始めて、その効果もありTOEIC900点の壁を超えることができました。

本記事では、フレンズが英語学習におすすめの理由と勉強法について詳しく解説していきます。

フレンズが英語学習に最適な理由


本章では、フレンズが英語学習に最適な理由について説明していきます。

会話シーンが多い

フレンズは会話のシーンが多く、効率的に英語学習ができます。

アクション映画とかだとアクションシーンはあまり会話はなく、内容も非日常的です。アクションシーンが多いと早送りする手間がかかってしまいます。

フレンズなら会話シーンを見るためにいちいち早送り操作をする必要もありません。

1話が20分程度で短い

フレンズは1話が20分程度で短く、少ない時間で効率的に学習できます。

毎日まとまった学習時間を作ることが難しいという人も少なくないと思います。

1話が短ければ時間があまりない日でも勉強可能です。例えば、通勤電車の中で1話分見るということもできるでしょう。

ちょっとした合間や疲れている時でも視聴しやすいと思います。

日常英会話の基礎を学べる

フレンズは一種のホームドラマで、日常英会話の表現をたくさん学べます。

ジャンルによっては専門用語が多めに出てくることがあり、専門用語が出てくる度に調べる必要が出てきます。

フレンズはそういったことはありませんので、日常英会話の表現を集中的に学習できるでしょう。

会話のスピードも早すぎない

フレンズで登場する俳優さんや女優さんの会話のスピードは早すぎず、標準的です。

会話のスピードが早すぎると何回も聞き直す場合が多くなり、学習上効率的ではありません。

英会話の初中級者でも慣れればついていける早さだと思います。

発音の癖が少ない

フレンズでは発音に癖がある登場人物はあまりいません。

観客がいて、子供も見るような作品というのもあってか発音はクリアなほうです。

そのため、聞き取るのに何回も聞き直す必要がなく、発音を正確に把握しやすいでしょう。

面白いから何度も見れる

フレンズはコメディ系海外ドラマとして単純に面白く、何回も見れますから学習も苦痛ではありません。

いわゆるジェネレーションX世代である「社会に出てもなかなか大人になれない」登場人物たちの、都会的なライフスタイル、友情や恋愛を、オフ・ビートなユーモアでコメディに仕立てあげている。
参考:Wikipedia「フレンズ」

ドラマ上の英語表現をしっかり身につけるには数回見るくらいでは駄目で、たくさん見る必要があります。ちょっと見ただけで飽きるようでは学習は途中で終わってしまうでしょう。

フレンズは物語としてシンプルで気楽に見れるので、反復学習に最適です。

※フレンズ以外のおすすめコメディ系海外ドラマについては下記の記事にてまとめていますので、ぜひ併せてご覧ください。

フレンズで英語学習する上での注意点


本章では、フレンズで英語学習する上での注意点について説明していきます。

年代的に古い

フレンズが放送されていたのは1994年から10年で、年代的には結構古いです。

海外ドラマに今時な流行やファッションなどを求めるならちょっと物足りないと感じる人もいるかもしれません。

ただ、古いからといって物語のストーリーについていけなかったり、表現が古すぎたりといったことはないので安心してください。

会話はナチュラルスピード

フレンズはなんだかんだナチュラルスピードの英語なので、海外ドラマ自体が始めてという人は早すぎると感じてしまうかもしれません。

また、TOEICや英検、受験英語のように発音もクリアではないので、最初は聞き取りに苦労すると思います。

とはいえ、最初はみんな聞き取れないもので、何回も視聴してナチュラルスピードに慣れていくことが大事です。

発音がどうしても聞き取れないという場合は、発音に関する入門書を読み、ネイティブの発音について学んでおくことをおすすめします。

アメリカならではのジョーク

フレンズはコメディドラマなわけですが、日本のお笑いとは趣向や表現が異なるため、場面によってはどういう笑いなのかわからないこともあります。

アメリカ独特のジョークやその時代特有のジョークなどがあるのでしょうが、全て理解するのはかなり難しいと思います。

ジョークに関していちいち調べるのも大変です。日常英会話に活かせそうな表現・フレーズに絞って覚えていくようにしましょう。

「シットコム」のドラマなので笑い声が入る

フレンズは「シットコム」という観客の笑い声も収録する海外ドラマです。日本のテレビでもバラエティー番組などでよく使われている手法ですね。

シットコムによってジョークを言っているシーンがわかりますし、観客と一緒に笑えるという雰囲気を味わえます。

しかし、人によってはわずらわしく感じてしまうかもしれません。

視聴していくうちに慣れてくるとは思いますので、あまり気にしすぎないようにしましょう。

フレンズでの英語勉強法


フレンズは英語学習としておすすめですが、ただ見るだけでは学習効果は上がっていきません。

本章にて、フレンズを使った勉強法を紹介していきます。

最初は日本語・英語字幕で見る

最初は日本語字幕でストーリーや話している内容を把握しましょう。いきなり英語字幕でもいいですが、内容の把握に時間がかかってしまうようなら効率的ではありません。

日本語字幕で見慣れてくれば、英語字幕でもある程度内容を把握できるようになります。

英語字幕を目で追いつつ、発音の仕方やリズムを理解していきましょう。

字幕がなければスクリプトを入手

利用している視聴環境によっては英語字幕表示に対応していない場合もあるかと思います。

その場合は別途スクリプトを入手して、スクリプトを見つつ、フレンズを視聴しましょう。

「Friends script」といったように「作品名+スクリプト」でネット検索するとスクリプトの入手が可能です。

セリフを真似てみよう

英語字幕でのフレンズ視聴ができるようになってきたらセリフを真似て発音してみます。

実際にセリフを真似してみると思ったように発音できないことに気づくと思います。また、セリフの早さについていけないことも多いでしょう。

英語独特のリズムやイントネーションも実際に発音しないと身に付いていきません。

発音に関する入門書を随時参照しつつ、ドラマ内でのセリフをできるだけ正確に発音できるよう練習していきましょう。

【ケース別】フレンズをどの環境で視聴するべき?


フレンズをどの環境で視聴するかによって学習効率は変わってきます。

フレンズを視聴できる環境をケース別に解説していきます。

DVD・Blue-ray

DVD・Blue-ray版のフレンズでは、日本語字幕・英語字幕両方とも対応していますので、英語学習上は問題ありません。

レンタルすれば安いので、コスパよく学習を始めることができます。

ただ、レンタルだと返却期限がありますし、全部借りていくとなるとそれなりの金額となります。

また、DVD・Blue-ray版ではスマホでの視聴ができないというのもデメリットです。

動画配信サービス(VOD)

個人的なおすすめ視聴環境は動画配信サービス(VOD)で、月額1,000円ほどで海外ドラマや映画などを見放題となります。

フレンズが本当に自分にとって英語教材として適しているのか、フレンズ以外にいい作品はないのか、などをしっかり判断するためにも、動画配信サービス(VOD)でいろんな海外ドラマをチェックしてみることをおすすめします。

英語字幕表示に対応している作品を多く視聴できる動画配信サービス(VOD)は、HuluとNetflixがおすすめです。

特にHuluについては無料体験期間も設定されてますから興味ある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は海外ドラマ「フレンズ」が英語学習におすすめな理由や勉強法などについて紹介させていただきました。

フレンズでの英語学習は多くの人が推奨しており、フレンズは海外ドラマの中でも特におすすめの作品です。

どの海外ドラマで英語学習するか迷ったらまずはフレンズを試してみることをおすすめします。

※本記事では海外ドラマで英語学習する上でのおすすめ作品や勉強法を紹介していますので他の記事もぜひ併せてご覧ください。