海外ドラマ作品

ビッグバンセオリーは英語学習に最適!注意点と口コミも併せて紹介!

「海外ドラマのビッグバンセオリーを英語学習に使えないかな?」

上記のような疑問を抱えていませんか?

Big Bang Theory (ビッグバンセオリー)は、人気のコメディ系海外ドラマですから、楽しく勉強できる作品としておすすめです。

ただ、ナチュラルな英語が話されるので、英語の学習としては背伸びになってしまうのでは?と不安になるかもしれません。

TOEIC900点超えの自分からすると、TOEIC600~700の頃から海外ドラマを見続けたことによって今の得点があるので、英語上級者にしか見れないというわけではないです。

ビッグバンセオリーは英語初級者でも見れる作品だと思いますが、一方で学習上いくつか注意点もあります。

そこで本記事では、ビッグバンセオリーが英語学習に最適な理由と注意点、勉強法などについて詳しく説明していきます。

ビッグバンセオリーが英語学習に最適な理由


本章にてビッグバンセオリーが英語学習に最適な理由について詳しく説明していきます。

会話をしているシーンが中心

ビッグバンセオリーは、コメディドラマということもあって登場人物が会話しているシーンが多く、その分日常英会話を集中して学べます。

アクションドラマだと会話が少ないアクションシーンがよくあり、英語学習としては非効率的です。

話している内容もネイティブが日常で使う表現が中心なので、より実践的な英会話を習得できます。

発音が聞き取りやすい

ビッグバンセオリーでのセリフは大きな癖がなく、スピードも早すぎない感じなので、初級者でも英語を聞き取りやすいです。

ただ、理系のオタク男子?という役作りからか早口でまくしたてるシーンがあり、その時はややスピードが早くなります。

全体としてセリフはクリアに聞こえると思います。

1話は約22分ほどで短い

ビッグバンセオリーの1話は約22分ほどで短いため、毎日無理なく英語学習を続けやすいです。

1話が長い場合、1周するのに時間がかかってしまうので、毎日見るのが大変ですし、集中力の維持もしづらいと思います。

1話が短ければ、日常生活の中で英語学習の時間を作りやすいでしょう。

面白いから何回でも見れる

ビッグバンセオリーはコメディドラマとして面白く、飽きないため、何回でも繰り返し見れます。

また、普通の英会話教材だと印象に残らなかったりしますが、ビッグバンセオリーには個性の強いキャラばかりなので、印象に残りやすいです。

英語の表現や発音をしっかり習得するには、数回見た程度では駄目で、とにかく繰り返し見ることが大事です。

ビッグバンセオリーなら反復練習がしやすく、着実に英会話表現を習得することができるでしょう。

ビッグバンセオリーの注意点


ビッグバンセオリーには視聴する上でいくつか注意点があるので紹介していきます。

たまに理系の専門用語が出る

ビッグバンセオリーでは、理系の学者として主人公が登場するわけですが、理系の専門用語が出てくる時があります。

理解するのは難しいですが、あくまで笑いを起こすために理系の専門用語を出しているだけなので、あまり気にしすぎないのが大事です。

理系の専門用語よりも日常英会話の表現を中心に学習していきましょう。

シチュエーション・コメディであること

ビッグバンセオリーは、シチュエーション・コメディ(シットコム)であるため、観客の笑いが収録に入ります。
他のシチュエーション・コメディの代表例としては、フレンズやフルハウスなどが有名です。

個人的には観客の笑いがあると雰囲気が伝わって面白いですし、つられて笑ってしまうこともありますが、人によっては気になって集中できないということもあるかもしれません。

何回も見ていくうちに慣れてくると思いますので、あまり気にしないようにしましょう。

ビッグバンセオリーで英語を勉強する方法


ビッグバンセオリーをいきなり英語で聞き取ろうとするのは難しいです。

本章では、ビッグバンセオリーで英語を学習していく手順を説明していきます。

まずは日本語・英語字幕で見る

まずはビッグバンセオリーを日本語字幕・英語字幕にて交互に見ながら使われている英語表現を1つ1つ把握していきます。

前述の通り、理系の専門用語が出てくることもありますが、調べるのは大変なので、あまり深く追及しなくてもいいです。

ストーリーや日本語訳がある程度頭に入ったら英語字幕表示で見続けましょう。

セリフに続けて発音してみる

ビッグバンセオリーを字幕付きで何回も視聴して内容がほとんど頭に入ったということなら、字幕を表示しないで見ていきます。

加えて、セリフに続けて自分も発音してみましょう。実際に発音することでどこが聞き取れていないのかが明確になるからです。

最初は日本語英語的なぎこちない発音となってしまうかもしれませんが、何回も練習して少しずつ矯正していきましょう。

ビッグバンセオリーが見れる動画配信サービス

ビッグバンセオリーは動画配信サービス(VOD)でも視聴可能です。

動画配信サービスなら月額見放題で、ビッグバンセオリー以外にも多くの海外ドラマを見れますからコスパ的に優れてます。

ビッグバンセオリーで英語学習しようと思っていたが、別の作品のほうがよさそうというケースもあると思うので、教材の検討をする上でも動画配信サービスはおすすめです。

ビッグバンセオリーは、Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-Nextなどで視聴できます。

この中だと英語字幕表示に対応していて無料体験期間もあるHuluが一番のおすすめです。huluには、ビッグバンセオリーと同じく英語教材として勧められることの多い海外ドラマ「フレンズ」もあります。

興味ある方はHuluの無料体験期間をぜひ利用してみましょう。

ビッグバンセオリーに関する口コミ

上記の通り、TOEICの勉強をしつつ、ビッグバンセオリーを見ているという口コミは多かったです。

中にはビッグバンセオリーのおかげでTOEICのスコアが短期間で伸びたという口コミもありました。

それだけビッグバンセオリーが面白い海外ドラマで、英語の学習にも効果があるということなのではないでしょうか。

まとめ

今回はビッグバンセオリーでの英語学習について紹介させていただきました。

ビッグバンセオリーは海外ドラマで英語学習する上で大事な要素(会話シーンの多さ・1話の短さ・反復学習のしやすさ)がつまっていて、大変おすすめな作品です。

何よりコメディドラマとしてとにかく面白いというのが大きく、楽しく英語学習できると思います。

どの海外ドラマで英語学習するか悩んでいるという人はビッグバンセオリーをチェックしてみましょう。