海外ドラマ作品

フルハウスは英語学習に最適!聞き取れない原因や勉強法を徹底解説!

「海外ドラマのフルハウスで英語学習をしたい」

日本の地上波でもよく放送されていた海外ドラマのフルハウスを英語の教材として使いたいという人もいるのではないでしょうか。

海外ドラマなら楽しく勉強しつつ、ネイティブの英会話も学べて一石二鳥ですよね。

しかし、実際フルハウスを見てみたものの、うまく聞き取れない、本当に英会話教材として使えるの?などといったように疑問に感じる人もいるかもしれません。

フルハウスは比較的易しめな英語が話される海外ドラマですが、いきなり視聴して、見るだけではなかなか学習は進みません。

そこで本記事では、海外ドラマ「フルハウス」で英語学習したい人向けにフルハウスがおすすめな理由と聞き取れない原因、勉強法などについて詳しく説明していきます。

海外ドラマ「フルハウス」が英語学習に最適なドラマな理由


海外ドラマ「フルハウス」が英語学習に最適なドラマである理由はいろいろとありますので1つ1つ説明していきます。

1話が20分ほどで短い

海外ドラマ「フルハウス」は1話が20分ほどで短いため、少ない時間でも英語学習がしやすいです。

1話が長いと毎日見るのが大変ですし、仮に区切って見るにしてもどこで区切るべきか判断が難しくなると思います。また、わからない単語や表現を調べるのも大変です。

20分程度なら忙しい人でも食事中や寝る前、通勤電車内などちょっとした合間にも見やすいでしょう。

会話だけのシーン多め

フルハウスはコメディドラマですから会話のシーンが多く、その分英語学習がしやすいです。

ジャンルによっては会話ではないシーン(アクションシーンなど)が多くあったりして、その時は早送りしなければならない場合もあります。英語学習という点からすると非効率的です。

フルハウスなら基本会話シーンがずっと続くので、早送りの必要はなく、見るだけでOKです。

日常英会話の表現がたくさん

フルハウスはホームドラマなので、使える日常英会話の表現がたくさんあります。

子供が登場し、子供に向けたセリフが多いということもあり、表現も比較的簡単でわかりやすいです。

ネイティブ英語で使われやすい活きた表現を学ぶことができるでしょう。

発音が聞こえやすい

フルハウスに登場する人物のセリフは発音的に聞こえやすいです。

海外ドラマのジャンルや作品によっては役作りなどもあるので、英語の発音に癖があったりしますが、フルハウスはそういったのはありません。

あえて言うと子供役のセリフが若干聞こえにくい時があるかなといったくらいです。

話すスピードが適度

フルハウスでのセリフのスピードは早すぎず、遅すぎずで適度な感じです。

スピードに関しても子供との会話があるということもあって早口ではないのでしょう。

それでもナチュラルな英語のスピードに慣れてないと最初は早く感じるかもしれませんが、何回も見ているうちに慣れてくると思います。

飽きずに何回も見れる

フルハウスはコメディドラマで内容が面白く、肩の力を抜いて見れますから飽きずに何回も見れます。

コメディでありながらも家族や友人の大切さ、愛の大切さなどを語るドラマでもあり、番組前半では笑いを誘い、後半では涙を誘う。
参考:Wikipedia「フルハウス」

英語学習という観点からすると、繰り返し見ないとなかなか語学力は身に付いていかないものですから、反復練習できるかは重要です。

フルハウスなら勉強しているという感覚を忘れて、楽しく何回も見れるというメリットがあります。

フルハウスが聞き取れない原因


フルハウスを視聴してみたけど全然聞き取れないという人向けにその原因を解説していきます。

初心者にとって難易度は高い?

フルハウス自体は英語初心者でも理解しやすい海外ドラマではあります。

しかし、英語の基礎がある程度ないと、つまづいてしまう部分が多いかもしれません。具体的には、最低でもTOEIC500~600点くらいはあったほうがよいでしょう。

学生時代に英語の勉強を全然してこなかったという場合は、視聴前に基本的な英単語や文法を学んでおいたほうがいいと思います。

発音のルールがわからない

発音のルールがわからないと簡単なセリフでも聞き取れないということが多くなります。発音できないと聞き取りもできないとよく言われることです。

母音・子音の発音方法や、音声変化、リズムなど英語の発音には学ぶべき項目がたくさんあります。

受験英語ではあまり習わない部分ですから、発音に関して苦手意識があるなら発音の入門書を読んでおきましょう。下記の記事にておすすめの発音本を紹介してますのでぜひ併せてご覧ください。

フルハウスによる英語勉強法


いきなりフルハウスを字幕なしで視聴して英語学習するのは難しいです。

本章にてフルハウスでの英語学習について順をおって説明していきます。

まずは日本語・英語字幕で見る

フルハウスを最初から字幕なしで見ても聞き取れない部分だらけだと思うので、まずは日本語・英語字幕で視聴します。

日本語字幕で見て内容を把握した後に、英語字幕中心に視聴するのがおすすめです。

視聴環境としては日本語字幕と英語字幕の切り替えができると便利でしょう。

スクリプトを入手するのもアリ

現在の視聴環境では字幕の切り替えや表示ができないという場合、スクリプトを別途入手するという手段もあります。

海外ドラマのスクリプトを掲載しているサイトがありますので、そちらを参照しつつ視聴してみましょう。

「作品名+script」で検索するといくつかのスクリプトサイトがヒットします。

セリフに続いて発音してみる

フルハウスを視聴していると、何となくリスニング力がアップした気分になりますが、実際に発音してみるとなかなかうまく発音できないものです。おそらくスピードについていくのも大変でしょう。

自分でも発音できるようになって初めて正確な発音への理解が進みます。

フルハウスでのセリフに続いて、最初はただ真似するだけでいいので発音してみましょう。そうした練習を繰り返していくうちに少しずつネイティブの発音へと矯正されていきます。

フルハウスはどの環境で視聴したほうがいい?

フルハウスはいろんな環境で視聴できます。

自分に合った環境にて視聴することが英語学習継続のポイントです。それぞれの視聴環境について説明していきます。

DVD・Blue-ray



フルハウスを視聴する方法として最も一般的なのがDVD・Blue-rayだと思います。

レンタルビデオ店ですぐ借りることができますし、購入してもそれほど高くはありません。

ただ、スマホで見れないというデメリットはあります。外出先や通勤電車内でフルハウスを見たいといった場合にはあまりおすすめできない視聴方法と言えます。

動画配信サービス(VOD)

フルハウスは動画配信サービス(VOD)にて視聴することもできます。

動画配信サービス(VOD)では、フルハウス以外の海外ドラマも見れて、スマホでの視聴にも対応できるというメリットがあります。

フルハウスを視聴できる動画配信サービス(VOD)は、AmazonプライムビデオとNetflixです(2021年7月時点)。

フルハウス以外の海外ドラマも見てみたいという人にとっても動画配信サービス(VOD)はおすすめです。

フルハウスで英語した人のリアルな口コミ

上記の口コミにもあるように、TOEIC対策としてフルハウスを利用している人が結構多かったです。

また、必ずしもTOEIC900以上の人ばかりではありませんでした。

やはりフルハウスにてナチュラルな英語を聞き、英語の耳を作るというのが効果的なんだと思います。

まとめ

今回は海外ドラマ「フルハウス」を使った英語学習について紹介させていただきました。

フルハウスは海外ドラマの中でも易しい英語なので英語初心者にとっても学習しやすいです。

日常英会話を学びたい人やTOEICで高得点を目指したい人はぜひフルハウスも勉強に取り入れてみてください。