海外ドラマ英語勉強法

【海外ドラマ向け】英語発音本おすすめ5選を徹底紹介!

「海外ドラマを英語学習のために見始めたけど発音がよく聞こえない」

上記のような悩みを抱えていませんか?

海外ドラマは英語学習に最適な教材ですが、会話がナチュラルな英語なため、聞き取りが難しいですよね。

発音のルールや喉・舌の使い方、リズムなどを知っておかないと、何回聞いても「なぜそういう発音になるのかわからない」となってしまいます。

TOEICや英検、高校・大学受験などの経験はあっても、発音に特化した勉強はしっかりおこなったことがないという人も少なくないのではないでしょうか。

面倒でも発音の基礎はある程度理解しておいたほうが、海外ドラマでの英語学習はよりスムーズになります。

私も長い間リスニング力が伸びず悩んでいましたが、発音本で学び、リスニングの練習や海外ドラマの視聴を行うようになってTOEIC900点の大台を超えることができました。

めんどくさいと感じるかもしれませんが、発音をしっかり学ぶことが遠回りなようで、リスニング力向上の近道です。

そこで本記事では、海外ドラマで英語学習をしたい人向けにおすすめの発音本を厳選して紹介していきます。

【海外ドラマを見たい人向け】おすすめの英語発音本


本章では、海外ドラマを見たい人向けにおすすめの英語発音本を厳選して紹介していきます。

あいうえおフォニックス 英語の母音をひらがな5つで完全攻略!



「あいうえおフォニックス 英語の母音をひらがな5つで完全攻略!」は、英語の発音を発音記号ではなく「ひらがな」で理解していこうというコンセプトの発音本です。

ローマ字読みにひっぱられて発音しがちな人も少なくない中で、あえて「ひらがな」をベースに正確な発音をしていく試みはわかりやすく、実践がしやすくなってますから最初の一冊におすすめです。

子供も勉強できるように作られてますので、子供向けの英語学習にも使えます。

Youtubeチャンネルもあり、発音に関してたくさんのコンテンツがあります。

Youtubeを見るだけでもかなり発音の勉強になると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

⇒「あいうえおフォニックス」英語発音のYoutubeチャンネルをチェック

とりあえず「通じる」英語を話せるようになりたいという人はぜひチェックしてみてください。

英語耳



「英語耳」は20年近くトップクラスに支持されてきた英語発音本で、1つ1つの発音(母音・子音)を喉や舌についての図を用いつつ、丁寧に解説してくれてます。

自分は英語耳のおかげで苦手だったTOEICリスニングを克服し、短期間でTOEIC800,900の壁を超えることができました。海外ドラマの視聴もよりしやすくなったのも英語耳のおかげです。

CDも付いてますから独学でも発音の学習がしやすいですし、練習もできるようになってます。

英語の発音を基礎から体系的に学びたいなら英語耳が最適な教材と言えます。

英語喉 50のメソッド



「英語喉 50のメソッド」は、英語の発音における喉の使い方に関する解説に特化した英語発音本です。

喉の使い方についてはしっかり解説した本はない中で本書は貴重です。

発音の仕方は学んだはずなのに、ナチュラルの英語をなぜか聞き取れない、うまく発音できないという場合は、喉の使い方がわかっていないからかもしれません。

図を使いつつ、日本語との違いを詳しく述べた上で喉の使い方を解説してくれるので、初心者でもわかりやすいと思います。

5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる



「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」は、元々の発音が音声変化してしまうパターンを以下の5つに分けて解説している発音本です。

1連結
2同化
3ら行化
4脱落
5弱形

字幕などを見ながらナチュラルな英語を聞いていても、うまく聞き取れないという経験は多くの人がしていると思います。

その場合、聞き取れないというよりは、音声変化によって、そもそも発音されてない部分がある、音が変化してしまっている、といったケースも少なくないです。

母音や子音の発音の仕方などを知っていても、音声変化のルールも併せて知っておかないと、いつまで経っても正確な発音を把握できません。

音声変化のルールは受験英語などではなかなか教わらない部分なので、別途学習する必要があります。

「5つの音声変化がわかれば英語はみるみる聞き取れる」を読めば、音声変化の基礎を固めることができるのでおすすめです。

日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの作り方がいちばんよくわかる発音の教科書



「日本語ネイティブが苦手な英語の音とリズムの作り方がいちばんよくわかる発音の教科書」は、英語独特のリズムに特化した英語発音本です。

英語を発音してみても、なんかぎこちない、カタカナ英語っぽい、抑揚がない、といった感じになってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

本書では、その原因を以下の3つにまとめています。

(1)すべての子音に母音を付加してしまう
(2)すべての母音をはっきりとした「ア・イ・ウ・エ・オ」で発音してしまう
(3)文に抑揚をつけず平板で単調な言い方をしてしまう

上記の改善をするために本書では70レッスンを用意しており、豊富な練習素材によって着実に発音を矯正できるようなプログラムとなってます。

ナチュラルな英語らしいリズム、イントネーションで発音できるようになりたいという人はぜひチェックしてみてください。

英語発音の勉強法


本章では、発音本を読んだ上で、英語の発音をより上達させる勉強法について説明していきます。

海外ドラマでナチュラルな英語を聞く

発音本を読んだら海外ドラマを視聴して、ナチュラルな英語を聞き取れるのか試してみましょう。

CDが付いている発音本で勉強するのもいいですが、ある程度英語初心者向けに作られたものなので、レベル的には優しいです。

海外ドラマにおけるナチュラルな英語のスピードやリズムを聞いて慣れていくようにしましょう。

映画でもいいですが、海外ドラマのほうが日常生活を舞台にしたジャンルが多く、会話シーンが多いですし、1話が短い(20分程度)のでおすすめです。
英語学習におすすめの海外ドラマは下記の記事にてまとめてますのでぜひチェックしてみてください。

シャドーイングの練習をする

海外ドラマでのセリフに続けて自分も発音してみましょう。

最初はナチュラルな英語のスピードについていけないと思いますが、練習していくうちに慣れていくと思います。

どうしてもうまく発音できない場合、発音の仕方や音声変化、リズムなどに関する理解が不足している可能性があります。

発音でつまづいたら本記事にて紹介している発音本などを随時参照して、苦手な発音を1つ1つ改善していきましょう。

オンライン英会話などでアウトプットする

発音自体は独学で学習できるほど教材は豊富にありますが、本当に正しい発音を習得できているのかは自分一人で判断しにくいです。

可能であれば英語ができる人に英語の発音をチェックしてもらうことをおすすめします。

ただ、そのためだけに英会話スクールに通うのは受講料がかかりますからコスパ的には難しいと思います。

近年では、月額7,000円以下といった格安オンライン英会話サービスが多く提供されています。コスパよく発音や英会話の練習がしたいならぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は海外ドラマでの聞き取りをもっとしやすくしたい人向けにおすすめの英語発音本を紹介させていただきました。

発音の仕方や音声変化のルール、リズムなどを知っていなければ何回聞いても聞き取れない可能性が高いです。

発音に関してしっかり勉強したことがないという人は発音本を何冊か読んでみることをおすすめします。