海外ドラマ作品

ビジネス英語学習向けの海外ドラマおすすめ6選!活きた表現を身につけよう!

「海外ドラマでビジネス英語を勉強したい」

海外ドラマではビジネスに関する内容の物語は少なくありません。海外ドラマは日常会話も多いので、英会話教材として最適です。

単にエンタメとして面白く、仕事へのモチベーションを高めてくれるだけではなくて、ビジネスマンとしての大事なことがいろいろつまっています。

本記事では、筆者の視聴体験も踏まえて、ビジネス英語を学べるおすすめ海外ドラマをまとめて紹介していきます。

英語学習に最適なビジネス系海外ドラマ

本章では、英語学習に最適なビジネス系海外ドラマを紹介していきます。

SUITS(スーツ)

ニューヨーク・マンハッタンにおける法律事務所内で起こる様々な法律問題を扱ったリーガルドラマです。

訴訟における交渉や駆け引き、クライアントとの取引や営業などで参考にしたいやり取りを多くみることができるでしょう。

敏腕弁護士のハーヴィー・スペクターとそのアシスタント役であるマイク・ロスとの間における上司と部下の関係も見どころで、マイク・ロスが徐々に成長していく様も必見となってます。

登場人物のスーツの着こなしについても評判が高いので参考にしたいところです。

⇒SUITS(スーツ)公式サイト

シリコンバレー

シリコンバレーはIT関連企業が集中している街として有名でご存知の方も多いと思います。

本作は、そんなITのメッカとも言える街でITビジネスで起業し、会社設立までの様々なドタバタを描いた作品です。

本作品では、会社設立に至るまでの資金集め、特許・訴訟問題、競合他社との駆け引きなど、起業においてよくある問題を扱っていて、そうした困難に対する奮闘の様を見ることができます。

ITに関する作品ということもあってやや専門的、技術的な話題もありますが、全体的にコメディ的要素が多く、誰が見ても楽しめるストーリーとなってます。

ビリオンズ


金融で有名なウォール街における金融犯罪を扱った作品です。

ヘッジファンド界の大物とニューヨーク州の検事との間に繰り出されるリアルな攻防を描いており、その過程で見ることができる駆け引きや心理戦が見所となってます。

金融業界や投資に興味がある人はぜひチェックしてみてください。

マッドメン

60年代のニューヨークにおける広告業界を描いた作品です。

成功のためなら何でもすると言わんばかりに、欲望と嘘にまみれているところが非常に生々しさを感じさせます。

時代は異なるものの、金儲けに関しては現代でも通じるところを感じとれるはずです。

60年代ということもあって、男女間の差別や人種差別、喫煙が当たり前のように描かれている点も現代との「対比」として見れば面白いと思います。

ホワイトカラー


ホワイトカラーは、恋人のため脱獄を果たした天才詐欺師ニール・キャフリーが知能犯専門チームのFBI捜査官ピーター・バークに捕まるが、捜査に協力する代わりに自由にして欲しいと取引を持ちかけ、ピーターが承諾するところから物語が始まります。

ジャンル的には知的犯罪FBIドラマですが、企業犯罪や金融犯罪などの事件があり、また会議シーンなども多いので、ビジネス英語に使える部分がたくさんあります。

THE MENTALIST(メンタリスト)


霊能力者として偽って活動していた男(パトリック・ジェーン)が出演していたテレビの発言によって殺人鬼の怒りを買い、妻と子を殺されてしまいます。

その復讐のためにCBIのコンサルタントとなり、「メンタリスト」として殺人鬼の捜査をしていく物語です。

ビジネスマンを扱った作品ではないですが、主人公パトリック・ジェーンの人を洞察し、心理を読む能力がすばらしく、営業マンなどはぜひ参考にしてもらいたいですね。

主人公のニコニコした表情から繰り出される鋭い洞察は必見です。

日本のドラマで言うと「相棒」、「古畑任三郎」に近いと思います。

ビジネス系海外ドラマを扱っている動画配信サービス

ビジネス系海外ドラマを英語学習目的で見る場合に重要なのが動画配信サービスの選択です。

どの動画配信サービスでも海外ドラマは多く配信されていますが、英語字幕表示に対応しているところと、対応していないところがあります。

英語字幕表示に対応していて、海外ドラマを多く配信している動画配信サービスは「Hulu」と「Netflix」の2つです。

動画配信サービスにて海外ドラマを見ようと考えている人は、英語字幕表示機能の有無も検討することをおすすめします。

ビジネス系海外ドラマで英語学習するポイント

本章では、ビジネス系海外ドラマで英語学習するポイントについて説明していきます。

まずは英語字幕で何回も見る

いきなり字幕なしで英語を聞き取るのは大変なので、まずは英語字幕を表示した状態で何回も視聴するようにします。

動画配信サービスはいろいろとありますが、英語字幕表示に対応しているのは少ないです(HuluとNetflixだけ)。

現在利用している動画配信サービスで字幕表示できないなら、視聴している作品のスクリプトを探す必要があります。

「作品名+script」で検索するとスクリプトを探すことができるので試してみてください。

慣れたらシャドーイングもしてみる

海外ドラマを何回も視聴して、ある程度耳が慣れてきたらシャドーイングの練習も並行して行うことをおすすめします。

最初はうまく発音できませんし、やってて恥ずかしいと思うかもしれませんが、発音はいきなり良くならないものです。

何回も繰り返して、英語の発音・リズムを少しずつ矯正していきましょう。

ビジネス英語の表現・フレーズをアウトプットする

ビジネス英語を使えるようになりたいという人はアウトプットも試していきましょう。アウトプットしていくことで海外ドラマで学んだことを実際の仕事に活かせるようになります。

とはいえ、英会話学校は受講料が高いので、気軽に受講できるものではありません。

コスパよくビジネス英会話を学習できるサービスとしては、スタディサプリの「ビジネス英語コース 英会話セットプラン」(月額6,578円から)がおすすめです。

「下町ロケット」などを手掛けた稲葉一広氏によるリアルなビジネスシーンを想定したドラマ式レッスンにてカリキュラムを進めていきます。

7日間の無料体験期間もあるので興味ある方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回はビジネス英語を学べる海外ドラマを中心に紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

英語がデキるビジネスマンを目指してるけど何をしていいかわからない、なかなか行動できない、という人はまず楽しみながら英語を学習できる海外ドラマをおすすめします。

参考になる人物やストーリーがたくさんありますし、成功のイメージができるのでモチベーションも上がるはずです。

動画配信サービスなら月額1,000円程度で見放題、英語字幕表示にも対応してます。コスパよく、趣味もかねてビジネス英語を学ぶことができるでしょう。