海外ドラマ作品

プログラマー・エンジニアが活躍する海外ドラマおすすめ12選を徹底紹介!

「プログラミングに興味があるからIT業界をテーマにした海外ドラマを見てみたいけどどんな作品がある?」

上記のような疑問を抱えていませんか?

これからIT業界を目指している人や、すでにITエンジニアの人などは、プログラミングがテーマになっている海外ドラマを見て、モチベーションを上げたいというケースが少なくないのではないでしょうか。

プログラミングは思っていたよりも専門的で難しく、実際やってみると地味な作業・仕事で疲れてしまう人も多いでしょう。

また、ITで起業を考えているという人にとっても海外ドラマから何かしらヒントを得たいということもあるかと思います。

実はIT業界をテーマにした海外ドラマは多く、起業やハッカー、SF、コメディーとジャンルも様々あります。

そこで本記事では、プログラマー・ITエンジニアがテーマのおすすめ海外ドラマをまとめて紹介していきます。どんな海外ドラマがあるか全くわからないという人はぜひチェックしてみましょう。

プログラマー・ITエンジニアがテーマの海外ドラマ一覧

本章にてプログラマー・ITエンジニアがテーマの海外ドラマをまとめて紹介していきます。

ジャンルは様々なので興味を持てそうな作品を探してみてください。

シリコンバレー



海外ドラマ「シリコンバレー」は、その名の通りAppleやGoogle、Facebookなど名だたる有名企業があるシリコンバレーを舞台にしたIT起業の物語です。

週末だけで「Ruby on Rails」をマスターしたというやり手の若手エンジニア「リチャード」が、画期的な「データ圧縮アルゴリズム」を開発し、投資家たちが多額の資金で買収しようとします。しかし、リチャードは買収の話を蹴り、自分の会社立ち上げを決意するところから物語が展開していきます。

ITに関するドラマですが、専門的知識がなくてもついていけますし、コメディードラマでもあるので気楽に見れるはずです。また、起業の物語でもあるため、サクセスストーリー的な展開を求めている人にとってもおすすめの作品と言えます。

スティーブ・ジョブズ



海外ドラマ「スティーブ・ジョブズ」は誰もが知っているApple創業者のスティーブ・ジョブズを主人公とした伝記的なドラマです。

自宅のガレージをコンピューターの製造を行っていた時期からApple社の上場までの紆余曲折を描いています。

開発の遅れや他社の類似品などによる業績悪化や創業当時の仲間との別れ。一度はAppleから追われたものの、復帰してAppleを立て直すなど様々な苦労を乗り越えて現在のAppleがあるということがわかります。

ソーシャル・ネットワーク



海外ドラマ「ソーシャル・ネットワーク」は、今や世界最大級のSNSとなった「Facebook」を創設したマーク・ザッカーバーグらを描いたドラマです。

マーク・ザッカーバーグがとある女子学生に振られ、大学のコンピュータをハッキングして女子学生の写真を集め、顔を格付けしたホームページ「Facemash」を立ち上げるところから物語が始まります。「Facemash」をきっかけとし、「Facebook」の誕生へとつながっていきます。

IT起業や資金調達、訴訟などスタートアップ企業が経験するであろう展開を描いており、それらを乗り越えていく姿は刺激になると思います。

ベータス



海外ドラマ「ベータス」は、シリコンバレーを舞台とし、若手エンジニアがSNSアプリ「BRB」を開発し、IT起業を目指す物語を描いたドラマです。

投資をしてもらうため、出資者を探すのに奮闘するストーリーですが、コメディー的要素が多く、肩の力を抜いて見れる作品だと思います。

IT起業やスタートアップ企業に関するドラマが好きならおすすめです。

ミスター・ロボット



ミスター・ロボット(MR. ROBOT)は、セキュリティエンジニアとして働いている主人公が、ハッカー集団からスカウトされるところから物語がスタートします。

ハッカー集団の目的は「ありとあらゆる借金、ローンを帳消しにし、かつてない富の再分配を引き起こすこと」にあり、主人公もその陰謀に巻き込まれていきます。

主人公のプログラミングでハッキングしているシーンなどはとてもスリリングで、プログラマーがかっこよく見えます笑

一方、主人公は人付き合いが上手でなく、社会不安障害を患っているというのもポイントです。主人公の内面や精神状態に対して共感や感情移入していく点もこのドラマの醍醐味だと思います。

ホルト・アンド・キャッチ・ファイア



「ホルト・アンド・キャッチ・ファイア~制御不能な夢と野心~」は、コンピューター産業ができてまもない80年代を舞台とした海外ドラマです。

スティーブ・ジョブズ(主人公ジョー)やスティーブ・ウォズニアック(技術者ゴードン)と思われる人物が登場し、パソコンやソフトの開発を争い、ベンチャー企業として大企業に挑んでいく展開が見所です。

主人公ジョーの開発にかける情熱や強引さはまさにスティーブ・ジョブズらしさを表現できているなと思いました。

単なる起業の話に留まらず、人事や社内での人間関係、仕事と家庭など、ビジネスマンの苦悩がつまってます。

ハイっ、こちらIT課!



「ハイっ、こちらIT課!(The IT Crowd)」は会社のIT課を舞台とし、3人の男女のドタバタを描いたイギリスのコメディードラマです。

IT課の上司のドジな女性と、オタク社員2人とでトラブルを巻き起こします。

ITやプログラミングが前面に出てくるようなドラマではないですが、コメディードラマ好きならぜひチェックしてみてください。

アップロード



海外ドラマ「アップロード ~デジタルなあの世へようこそ~(Upload)」は、人間が死んでも、自分自身を仮想現実にアップロードしておける近未来を描いたSFコメディードラマです。

仮想現実でずっと生き続けることでき、仮想現実にアップロードした後も、現実世界の人間とコミュニケーションを取ることも可能となってます。

AIによる自動運転や食事管理などもシーンで垣間見られ、リアリティーのある近未来を感じさせます。

インターンシップ



インターンシップ(THE INTERNSHIP)は、元々営業マンをしていたアナログ気質な中年男性が突如失業し、途方に暮れていたところで、世界的IT企業の「Google」のインターン募集を見つけ、面接を何とかクリアしインターンとなるところから物語が始まります。

周りはITの天才だらけの社員の中で、IT音痴なおっさんが社員採用を目指して奮闘していきます。俳優はコメディスターとしても人気のある人なので、巧みで笑わせる話術が見所です。

実際にGoogleの社内で撮影されたとのことで、Googleに興味があるという人にぜひ見ていただきたいと思います。

エクス・マキナ



エクス・マキナ(EX MACHINA)は、アカデミー視覚効果賞受賞のSFサスペンスもので、AI・人工知能をテーマとしています。海外ドラマというよりは映画ですが、アカデミー視覚効果賞受賞の注目作ということであえて紹介させていただきました。

人工知能のテストを担当する男が、女性型ロボットと想定外の事態に巻き込まれていきます。

アカデミー視覚効果賞を受賞するだけあって映像はとにかく綺麗です。女性型ロボットとの恋愛的要素や、人とロボットとの境界、人がロボットを作ることの是非、などいろいろと考えさせられる場面が多いなと思いました。

スコーピオン



スコーピオン(Scorpion)は、合計IQが700を超える天才集団4人組が、様々な問題を解決してゆく海外ドラマです。

4人のジャンルは、IT・プログラミング、心理学、機械工学、数学といったように多様で、それぞれが自分の強みを活かしたアプローチで危機を打開していく展開が痛快です。

特に主人公のウォルターはIQ197で、子供の頃、スペースシャトルの設計図が欲しいあまりにNASAのメインフレームをハッキングしてしまうほどの天才。吹き替えは有名声優の杉田智和さんが担当している点も1つの見所だと思います。

持たざるものが全てを奪う HACKER



海外ドラマ「持たざるものが全てを奪う HACKER」は、お金を貯めて大学進学をしようとしていた主人公が、家計の苦しさから貯金は消え、途方に暮れていたところで、ネットの闇ビジネスに引き込まれていく物語です。

家計の苦しさゆえのお金稼ぎ、母親を解雇した銀行への恨みが動機となってハッキング技術を駆使して、詐欺や銀行のシステムの破壊などをしていきます。

実話が元となっているらしく、演出もスピード感・臨場感があり、リアリティーを感じさせる作品です。

スタートアップ



スタートアップ(STARTUP)は、投資家とハイチ系ギャング、IT女子の3人が組んで仮想通貨の事業を始めるというサスペンス系の海外ドラマです。

仮想通貨という比較的最近の話題をテーマにしている珍しいドラマなので、一見の価値はあります。貧困や人種差別、ネット社会といったこともテーマとなっており、いろいろと考えさせられます。

海外ドラマで英語学習するには?


IT業界やプログラミングを題材とした海外ドラマを楽しく視聴しつつ、英語学習もしたいという人もいるのではないでしょうか。

海外ドラマは日常会話シーンが多いので、英語学習教材としては使い勝手が良いです。私も海外ドラマを視聴し続けたおかげでTOEIC900を超えました。

英語学習用に見る海外ドラマを選ぶポイントは以下の通りです。

・1話が短め
・日常会話が多い
・専門用語が少ない
・英語字幕で見れる
・何回見ても飽きない

英語学習は反復学習が大事なので、毎日見れて、視聴が継続できるような作品が適しています。

個人的には、コメディードラマが1話が短くて、1話完結、会話シーンが多いのでおすすめです。

また、視聴環境は英語字幕で見れるという点が重要です。英語字幕に対応していて、海外ドラマ作品が多い動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。

Hulu
Netflix
Amazonプライムビデオ

動画配信サービス(VOD)で海外ドラマを視聴する予定なら英語字幕に対応しているかチェックしましょう。

日テレドラマ

まとめ

今回はIT業界・プログラミング・エンジニアなどがテーマの海外ドラマを中心に紹介させていただきました。

これからIT業界を目指す人やプログラミングに興味がある人、起業をしたい人などには刺激を受ける作品がたくさんあります。

海外ドラマで日常英会話やビジネス英語の勉強をしたいという場合にも最適です。

今はDVD・ブルーレイだけでなく、動画配信サービスも増えており、視聴環境は充実していますので、自分に合った環境にて海外ドラマを楽しみましょう。