海外ドラマ作品

第二次世界大戦が舞台の海外ドラマおすすめ10選を徹底紹介!

「第二次世界大戦が舞台となっている海外ドラマを見てみたいけど何かおすすめはある?」

上記のような疑問を抱えていませんか?

海外ドラマと言うと現代劇が多い印象の人もいるかと思いますが、第二次世界大戦もののドラマも少ないながらあります。

ストーリーも戦闘を描いたものだけでなく、占領下の生活や、ナチスや日本が勝った場合のパラレルワールドなど様々です。

本記事では、過去の名作から最近の話題作まで、第二次世界大戦をテーマとしたおすすめ海外ドラマを厳選して紹介していきます。

第二次世界大戦をテーマとしたおすすめ海外ドラマ


本章にてさっそく第二次世界大戦をテーマとしたおすすめ海外ドラマを紹介していきます。

知らない作品があったらぜひチェックしてみてください。

ザ・パシフィック


ザ・パシフィック(The Pacific)は、トム・ハンクスとスティーブン・スピルバーグ、ゲーリー・ゴーツマンが制作した作品で、第二次世界大戦・太平洋戦争中におけるアメリカと日本の戦いを描いた海外ドラマです。

ガダルカナルやペリリュー、硫黄島、沖縄など日米の戦いの中でも特に激戦となった戦いが描かれています。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、戦争の悲惨さや過酷さもきちんと表現されてます。

ただ、あくまでアメリカ視点での作品であるため、ステレオタイプな日本軍の描かれ方には違和感を持つ人もいるかもしれません。


バンド・オブ・ブラザース


バンド・オブ・ブラザース(Band of Brothers)は、スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスが総指揮となってHBOが製作した作品で、第二次世界大戦でのアメリカ陸軍第101空挺師団がドイツを相手に勝利するまでを描いた海外ドラマです。

ノルマンディー上陸作戦や、バルジの戦い、マーケットガーデン作戦など対ドイツ戦における重要な戦いが舞台となってます。

戦闘シーンは迫力があり、1人1人の兵士の心情も細かく表現されています。戦争中のヨーロッパの荒廃ぶりやユダヤ人強制収容所なども生々しかったです。

自分もその当時にいるかのように引き込まれ、戦争についていろいろと考えさせられる作品と言えます。


U・ボート(1981)TVシリーズ リマスター完全版



「U・ボート(1981)TVシリーズ リマスター完全版」は、1981年制作のドラマで、作品としてはかなり前となりますが、今でも根強い人気があり、評価も高いです。

ナチスドイツがイギリスの補給路を絶つという任務のためにUボート艦隊を出撃させます。

本作では、そのUボート艦隊の乗組員の視点でストーリーが進み、潜水艦内での生々しい現実を描いています。

Uボート ザ・シリーズ 深海の狼


「Uボート ザ・シリーズ 深海の狼」は、「U・ボート(1981)」の続編という位置づけの海外ドラマで、2018年に公開された比較的新しい作品です。

前作と比べて映像はかなり綺麗で迫力あるものとなっており、潜水艦内だけでなく、ドイツ占領下のフランスも描いていて、サスペンスドラマ的な要素もあります。

前作を見た人はぜひチェックしてみてください。

⇒「Uボート ザ・シリーズ 深海の狼」をHuluでチェック

ヘビー・ウォーター・ウォー


ヘビー・ウォーター・ウォー(Heavy Water War)は、第二次世界大戦中において連合国が、ナチスドイツの原爆開発を阻止すべく極秘作戦を遂行するストーリーの海外ドラマです。

ドイツはノルウェーを占領し、ノルウェー内の山奥にある工場にて、核分裂に必要な重水の製造を開始します。

それを察知した連合国が工場を破壊するフレッシュマン作戦を立てます。その工場は極寒の地域で、厳しい自然に囲まれた天然の要塞。過酷な環境の中で男たちがミッションを達成すべく奮闘していきます。


タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~


「タンク・ソルジャーズ ~史上最大の戦車戦に挑んだ兵士たち~」は、第二次世界大戦における独ソ戦を舞台とし、ソ連戦車「T-34」とナチス・ドイツ戦車「ティーガー」との戦闘を描いている海外ドラマです。

基本的にソ連側の視点で物語が進んでいき、戦車による戦闘だけでなく、兵士間の恋愛も見所となっており、恋愛ドラマとしての要素も強いです。


SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界


「SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界」は、第二次世界大戦において連合国ではなくナチスドイツが勝利し、ナチスによって英国が占領されている世界を描いている海外ドラマです。

首相のチャーチルは銃殺刑にされ、国王は幽閉の身。英国民はナチスの占領に苦しみ、収容所へ送られたり、ドイツにて労働させられたりします。

そうした社会状況の中、ロンドン警視庁殺人課の警視であるダグラス・アーチャーが、ある殺人事件の担当を任され、事件を調査していくうちに様々な陰謀に巻き込まれていきます。


プロット・アゲンスト・アメリカ


プロット・アゲンスト・アメリカ(The Plot Against America)は、ナチスドイツがイギリス侵攻を進める中開催された40年のアメリカ合衆国大統領選挙から始まります。

イギリス支援を掲げるフランクリン・ルーズベルトではなく親ナチスのチャールズ・リンドバーグが勝利し、大統領となった場合の世界が展開していきます。

リンドバーグはユダヤに対する圧迫を強め、同化政策を実施。アメリカ中で反ユダヤの憎悪が増す中、あるユダヤ人家族の視点からアメリカの社会不安を描いていきます。


高い城の男


高い城の男(The Man in the High Castle)は、第二次世界大戦において連合国が敗北し、ナチスドイツと日本によってアメリカが分割統治されているという世界の物語です。世界の大半もナチスと日本に支配されている状況。

表向きは友好国としてふるまいながらも、アメリカ内ではレジスタンス活動がひっそりと活発化しています。

体制を守る者、転覆を狙う者同士の熾烈な駆け引きを描いてます。


コンバット!



コンバット!(Combat!)は、60年代にテレビ放送されたドラマで、第二次世界大戦下におけるアメリカ陸軍歩兵連隊の活躍を描いています。

かなり前の作品ではありますが、未だに人気があり、60年代の名作として評価も高いです。

ノルマンディー上陸作戦から始まり、第二次世界大戦末期の西部戦線へとストーリーが展開していきます。

海外ドラマでの英語学習について

海外ドラマで英語学習をするなら英語字幕表示させつつ、視聴するのがおすすめです。

動画配信サービス(VOD)で視聴する場合、以下の動画配信サービスにて英語字幕表示ができます。

Hulu
Netflix
Amazonプライムビデオ

それぞれ提供している海外ドラマの作品数や、料金設定が異なるので、自分に合ったサービスを選びましょう。

まとめ

今回は第二次世界大戦を題材としたおすすめ海外ドラマを紹介させていただきました。

各作品では、第二次世界大戦中の様々なシーンを扱っており、いろんな視点から描かれてます。

仮想の歴史をテーマとした作品も増えていて、通常の作品とは違った楽しみ方もできます。

まだ見たことのない作品や、興味ある作品があればぜひチェックしてみてください。