海外ドラマ作品

宮廷・王室が舞台の海外ドラマおすすめ8選を徹底紹介!

「海外ドラマで宮廷や王室が舞台の作品を見てみたいけど何かおすすめはある?」

上記のような疑問を抱えていませんか?

宮廷内で繰り広げられるドラマに興味があるという人は少なくないかと思います。ドラマの内容だけでなく、豪華な宮廷や衣装なども見所です。

歴史ものが好き、ドラマを見ながら歴史を勉強したいという人にとってもおすすめです。

そこで本記事では、宮廷や王室を舞台としたおすすめ海外ドラマを厳選して紹介していきます。

宮廷や王室を舞台としたおすすめ海外ドラマ


本章では、宮廷や王室を舞台としたおすすめ海外ドラマを紹介していきます。

海外の大河ドラマとも言うべき作品が多いです。見たことない作品があったらぜひチェックしてみてください。

ウルフホール


ウルフホール(Wolf Hall)は、ヒラリー・マンテルの小説である「ウルフ・ホール」と「罪人を召し出せ」が原作となっており、ヘンリー8世が在位中のイギリス宮廷を、天才政治家トマス・クロムウェルの視点から描いている海外ドラマです。

宮廷ものということで、美術や衣装はかなり凝っており、見ているだけでも楽しめます。

クロムウェルの政治的駆け引きや話術を中心として、細かい心理描写が見所です。


女王ヴィクトリア、愛に生きる


「女王ヴィクトリア、愛に生きる(Victoria)」は、18歳でイギリスの女王となり、64年にわたって在位したヴィクトリアを主人公としたイギリスの海外ドラマです。

イギリス帝国主義の時代にあって、心は強いものの幼さが残る18歳の若きヴィクトリア女王が成長していくストーリーが見所です。

ヴィクトリア女王が暮らす宮廷内の豪華さや、華麗な衣装などがとても美しく、目を見張るものがあります。

⇒U-Next公式で「女王ヴィクトリア、愛に生きる」をチェック

The Tudors ~背徳の王冠~


「The Tudors ~背徳の王冠~」は、16世紀イングランド王国を舞台とし、イングランド王ヘンリー8世を描いた海外ドラマです。

ヘンリー8世は、男子がなかなか生まれないことに悩んでいたところで愛人ができ、その愛人は王妃となることを要求し、ヘンリー8世もそれに応えようとするといった宮廷内での愛憎劇が繰り広げられていきます。

男女のドロドロとした関係が中心の物語で、まるで昼ドラを見ているかのような面白さがあります。

なお、性描写がやや多いので、苦手な人は注意しましょう。


REIGN/クイーン・メアリー ~愛と欲望の王宮~


「REIGN/クイーン・メアリー ~愛と欲望の王宮~」は、フランスに嫁いだスコットランド女王メアリー・スチュアートの若き時代を描いている海外ドラマです。

一方、メアリーと血縁関係にあるイングランド女王エリザベスからの狡猾な攻撃、フランス王太后カトリーヌによる計略策略なども受けます。

この3者間の攻防や、宮廷内における政争、裏切りなど1話1話が目まぐるしく、クライマックス感があって、目が離せません。


ザ・クラウン


ザ・クラウン(The Crown)は、アメリカとイギリス合作のシリーズで、イギリス女王エリザベス2世の治世を中心にストーリーが展開する海外ドラマです。

ゴールデングローブ賞ではドラマ部門作品賞を、エミー賞では主演女優賞と助演男優賞を受賞し、話題となりました。

25歳で君主となったエリザベス2世が、政治家との確執や王室における恋愛、20世紀の歴史的事件の中で、いかに時代を駆け抜け、イギリス国民から信頼と敬愛を獲得してきたか描いています。

シリーズ1では、チャーチルとの駆け引き、妹マーガレット王女の恋愛に対する葛藤などが見所です。

⇒Netflix公式で「ザ・クラウン」をチェック

THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~


「THE GREAT ~エカチェリーナの時々真実の物語~」は、ロシアの宮廷を舞台とし、ロシアの女帝であるエカチェリーナ2世が実権を握るまでを風刺的に描いたコメディー系海外ドラマです。

皇帝ピョートルと結婚するためにロシアへやってきたエカチェリーナ2世ですが、実際は当初思っていたような所ではありませんでした。

エカチェリーナ2世は、そんな世界を変えるべく、夫を殺害し、教会・軍隊を屈服させ、宮廷を自分側へ引き寄せるといったことをしていきます。

宮廷ものではありますが、基本的にはフィクションを交えたコメディードラマなので(たまに史実もちゃんと描かれます)、笑いながら気楽に見れる作品です。


オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~


「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」は、オスマン帝国の宮廷ハレムを舞台とし、帝国を46年にわたって統治した10代皇帝のスレイマンを中心にストーリーが展開する海外ドラマです。

主に皇帝スレイマンとその妻や愛人たちとの愛憎劇、権力闘争を描いており、宮廷内のドロドロとした展開が好きな人にはおすすめです。

オスマン帝国の宮廷は、ヨーロッパの宮廷とはまた違った美しさ、魅力があります。

オスマン帝国を題材とした海外ドラマ自体少なく、トルコやイスラム文化について新鮮な気持ちで見ることができるでしょう。

⇒U-Next公式で「オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~」をチェック

ロストプリンス ~英国王室 もうひとつの秘密~


「ロストプリンス ~英国王室 もうひとつの秘密~(The Lost Prince)」は、20世紀初頭のイギリス王室を舞台とし、13歳という若さで亡くなったジョン王子が中心にとなってストーリーが展開する海外ドラマです。

ジョン王子は生まれながらにして障害を持っており、隔絶された生活を強いられます。

そんな境遇の中でも、ジョン王子が周りに愛されつつ、成長していく姿を描いていきます。

第一次世界大戦やロシア革命といった同時代の歴史的な出来事も背景として描いており、それぞれがヨーロッパ王室の視点からどう見えていたのかも知ることができる作品です。

⇒U-Next公式で「ロストプリンス ~英国王室 もうひとつの秘密~」をチェック

海外ドラマで英語の勉強はできる?


宮廷・王室ものの海外ドラマを見つつ、英語の勉強をしたいという人もいるかと思います。

海外ドラマということでスピードや発音が難しいのですが、興味があれば学習を長く継続できるので、教材としてはおすすめです。
私自身、海外ドラマを1年以上見続けることでTOEIC900点を超えるようになりました。

海外ドラマなら飽きずに勉強を続けれるので、毎日少しずつでいいので視聴したほうがよいです。

注意点としては、最初は英語字幕表示させながら見るという点です。海外ドラマを動画配信サービス(VOD)で見る人は多くなってると思いますが、英語字幕表示に対応しているのは以下のサービスとなってます。

Hulu
Netflix
Amazonプライムビデオ

これから動画配信サービス(VOD)をサブスクして海外ドラマを視聴し、英語も勉強したいという人は英語字幕表示の有無も確認するようにしましょう。

まとめ

今回は宮廷や王室を舞台としたおすすめ海外ドラマを厳選して紹介させていただきました。

豪華な宮殿や衣装、美術など現代劇にはない魅力があります。ストーリーも壮大でスリリングなので、見ていくうちにどんどん引き込まれていくでしょう。

歴史に興味があるという人にとっても、本を読むのとはまた違った勉強になると思います。

また、歴史ものは何回見ても飽きないという場合は、ドラマを英語学習の教材としてするのもおすすめです。

まだ見たことのない作品や、興味がある時代・人物の作品などがあったらぜひチェックしてみてください。